Funeral ceremony service

葬式には断り方がある|知られざる大人のマナー

世話役の役割

葬儀の準備や運営に当たる

数珠

死亡を多方面に報告すると、喪家には続々と弔問客が訪れます。喪主や遺族だけでは沢山の弔問客を迎える準備や通夜の手配、葬式全般を取り仕切ることまで、できるのものではありません。そこで、忙しい遺族に代わり、葬式の準備運営に当たる世話役を依頼することになります。世話役は、大東市で行う普通の葬式なら世話役代表、受付係、会場係、進行係、会計係、接待・台所係などで十分ですが、葬式が大規模な場合は役割分担がさらに細かくなり、1つの係に数人は必要になることもあります。小規模な葬式なら、いくつかの係を1人が兼任してもかまいません。大東市の世話役の服装は、葬儀の打ち合わせや準備段階では、動きやすい地味な平服です。大東市の通夜・葬儀・告別式での服装は、世話役代表は正式喪服、他の世話役は準喪服か略喪服を着用します。大東市では葬儀の主催者がつける喪章やリボンは、喪家側の立場にある世話役も全員つけます。これは弔問客と区別するのに役立ちますし、リボンに係名を記せば世話役同士の連絡もしやすくなります。世話役代表は遺族や葬儀会社と打ち合わせをしたり、各世話役に指示を出して葬式をスムーズに進める総責任者です。受付係は弔問客の受付や案内、香典、供物の受付記帳、会葬者名簿の整理などをします。会場係は会場準備や会場周辺の準備、最寄り駅での会葬者の案内などを行い、会計係は香典の管理、諸経費の出納管理などを行います。接待・台所係は通夜ぶるまいや精進落としの準備、僧侶や弔問客の接待を行います。

プラン選びに役立つ情報

男の人

直葬や家族葬の基本プランに、必要なオプションをつけ加えるのが、大東市でお葬式を挙げる時のポイントです。お棺や霊柩車や祭壇などは基本料金に含まれていますが、オプションを上手に活用して、お葬式のグレードを高めることも可能です。けれども質素なお葬式を希望する家族が、大東市内でも増えており、1日葬のプランや家族葬のプランを活用するのがトレンドです。また割安なコースを希望する場合には、お通夜や告別式を行わない、シンプルな直葬プランを選ぶのが理想的です。20万円程度の費用でお葬式を挙げられるのが、直葬プランの一番の特徴ですが、お別れの儀式もセットになっているので好評です。一方で多くの参列者を迎えて葬儀を行う場合に適しているのは、大東市内で葬祭場を運営している業者の一般葬のプランです。参列者の人数に合わせて、受付などのスタッフを手厚く配置できるのが、大東市にある地域密着型の葬祭業者の魅力です。キャリアが長いスタッフが多い業者を選ぶと、お通夜と告別式の準備や、各種届け出も手際よく行ってくれるので親族も安心です。そして演出を重視する家族も増えており、遺影の写真のデザインにこだわったり、生バンドによるお別れの演奏をするのが静かなブームです。更に葬儀だけではなくて、四十九日や一周忌の法要などでも葬祭業者を積極的に活用する人が増えています。交通の便も良い自社の会場を用意している葬祭業者を活用すると、お葬式や各種法要も円滑に行えるでしょう。

お焼香とは

花

大東市で執り行われるお葬式では、お焼香を焚くのが一般的です。宗教などによってお葬式の儀式には違いがありますが、大東市で多く取り行われている一般葬の場合は、仏式で行われます。仏式のお葬式はお通夜・告別式・出棺という流れで行われるのが特徴です。告別式に参列した際、弔問客はお焼香を焚く事になります。お焼香は、故人や仏様に対してお香を焚き拝む儀式です。今までお葬式に参列した事が無いという方だと、どのようにお焼香をして良いのか、迷ってしまうかもしれません。前もって確認しておけば、突然の不幸に対しても的確に対応できるでしょう。大東市で執り行われるお葬式で、お焼香を焚くという場合、自分の番が来たら速やかに焼香台まで移動しましょう。まずはご遺族に一礼し焼香台へ1歩近づき、今度は遺影に対して一礼を行います。宗派ごとに定められた回数、焼香を行い合掌します。そして、ご遺族にもう1度一礼し、自分の席へと戻るのがお焼香の基本です。宗派によって焼香する回数などが変わりますが、基本このような流れで行います。抹香の掴み方は右手の親指・人差し指・中指の3本の指でつまむようにしましょう。つまんだ抹香は額の前まで持ってきて、香炉の中へと入れるのがお焼香の基本スタイルです。大東市で執り行われるお葬式も、様々な宗教のマナーに則って行われます。故人が信仰していた宗教によって、お焼香の回数も変わってくるので、このようなポイントも事前に確認しておく事が大切です。