Funeral ceremony service

葬式には断り方がある|知られざる大人のマナー

様々なタイプの式がある

予約や相談は忘れずに行う

ウーマン

大東市で行う葬式は、仏式で行うことが最も多いですが、仏式以外の方法で行うこともあります。仏式以外の方法だと、神式、キリスト教式などがあります。最近では、大東市でも自由葬形式のものも増えてきています。仏式の葬式は、自宅やホール以外に寺院という宗教施設で行うのが一般的ですが、神式の葬儀では神社で行うことはありません。神社は死を忌み嫌う場所のためです。神式の場合は自宅かホールが一般的となります。キリスト教式は教会が一般的ですがホールを利用することもあります。また、仏式では個人の霊をあの世に送り届けるのが目的ですが、神式では個人の霊を守護神として昇華させ、家に留めおく儀式となります。キリスト教式では故人よりも遺族を慰め励ますという意味合いが強いです。自由葬は宗教的意味合いを持たず、生前の故人とのお別れに重点をおくのが特徴です。大東市でこうした仏式以外の葬式をしようと思ったら、生前に相談をしておく必要があります。大東市のほとんどの葬儀社では仏式が基本となっており、それ以外の葬式に対応しているとは限らないためです。いざという時になってから準備しようと思っても準備が間に合わないこともあります。特に自由葬の場合は故人の意思が大きく反映されることになるので、必ず生前に相談、予約をしておきましょう。また、仏式以外の葬式はどのように参列したらいいかわからないという人が多いので、参列者への配慮も必要です。知らせるときに必要なことを伝えたり、服装や持ち物への配慮をするとよいでしょう。

経済的で短時間で済む

フラワー

最近は昔ほどお金をかけないで行うお葬式が人気です。大東市でも、「経済的な負担を減らしてお葬式をしたい」という人が増えており、各葬儀社はそういう人のニーズに応えたプランを用意しています。大東市で経済的な負担が一番少ない格安なプランが、直葬プランまたは火葬式プランです。直葬も火葬式も、同じように遺体を火葬だけするお葬式です。沢山の人が参列することはなく、遺族や親しい人達だけで火葬場に集まって行うのが一般的です。参列する人が限られていて、火葬場を借りて火葬をするだけなので、お葬式にかかる様々な費用をカットできるのが直葬や火葬式の魅力です。また、短時間で終わるので、時間の節約にもなります。大東市でも直葬プランや火葬プランを利用する人が年々増えてきています。経済的な理由はもちろんですが、平均寿命が伸びて高齢化が進んでいることも理由に挙げられます。社会人生活を終えて何十年も経過してから亡くなると、お葬式をあげても参列する人が少なくなるためです。また、大東市でも核家族化が進んでいるので、なるべくお葬式は手軽に済ませたいと考える人が多いようです。直葬や火葬式なら、少ない人数でしっかり故人とお別れができます。葬儀社のプランにもよりますが、火葬の手続きに関する費用や骨壷や位牌などの最低限必要なものがセットになっていて、15万円〜25万円ほどです。僧侶による読経などの有料オプションを追加することもできます。

家族葬対応可です

式場

大東市には多くの斎場があります。隣接する大阪市や門間市と合わせると、結構な数になります。大東市で斎場が増えている背景には、お葬式の在り方が変化している現状があります。お葬式は家で挙げるものという考え方が変化しているのです。首都圏を中心として小さなお葬式が主流となる中、大阪市や大東市においても、その考えが広まっているのです。斎場を利用しての葬儀は、かつては盛大なお葬式が多かったのですが、今では逆の傾向があります。葬儀は家族だけで執り行う家庭が増え、お葬式の場を貸し出す斎場も、その声に応えている形なのです。家族葬のために斎場を利用する理由は、不要な弔問を除くためでもあります。自宅の葬儀では、弔問の拒絶はできません。斎場の一室で挙げるお葬式だからこそできることなのです。それでは、大規模な葬儀についてはどうでしょうか。現在、大東市で家族葬対応の斎場は、もともとは大規模な葬儀のための施設でした。それを家族葬に対応するため、大広間を幾つかに区切る形式にしたのです。部屋の区切りを取り払えば、大規模なお葬式に対応できる仕組みとしたのです。このような変化に伴い、これまで表に出なかった斎場の情報も、ネットで簡単に調べることができるようになったのです。斎場ごとの施設の概要や費用についても情報が分かるようになりました。これまで葬儀会社一任であったお葬式も、個人がある程度プロデュースできるようになったことは、大きな進歩です。