Funeral ceremony service

葬式には断り方がある|知られざる大人のマナー

ナチュラルメイクが基本

もしもの時に覚えておこう

棺

大東市で執り行われるお葬式の大半は「一般葬」です。一般葬は日本では古くから、執り行われてきたスタンダードなお葬式のスタイルです。お通夜や告別式を行い、故人がお世話になった方など多くの方に、参列してもらうのが一般葬の特徴となっています。大東市でも多くが一般葬という事もあり、急に弔問しなければいけないケースが出てくる事もあるでしょう。お葬式には色々なマナーがあるので、事前にマナーを確認しておく事が大切です。特に女性の場合、お葬式に参列する際のヘアメイクマナーは、覚えておいて損は無いでしょう。お葬式に参列する場合のメイクは、ナチュラルメイクが基本です。ただ、ナチュラルメイクといっても、アイシャドウやチークは使いません。雑誌などで紹介されているナチュラルメイクをしてしまうと、お葬式の場では浮いてしまうので注意が必要です。ベースメイクはマットにして、自然な仕上がりにします。下地やファンデーションにラメやパールが配合されているものもありますが、葬式の場にはふさわしくないので避けましょう。アイシャドウもブラウンなど、ベーシックなカラーであってもメイクするのはマナー違反です。大東市内や大東市周辺でお仕事をしていて、仕事帰りにお通夜に行かなければいけないという場合、メイクを直す必要があります。濃いアイメイクやリップメイク、チークは取って弔問するのがマナーです。髪が長い方は、耳よりも下の位置で1本に結びます。黒や茶のヘアゴムか、ヘアアクセサリーを使用する場合は、光沢感の無いものを選ぶようにしましょう。

そもそも袱紗とは

葬儀

お葬式には色々なマナーやしきたりがあります。一般葬の場合、故人と関係の合った様々な方が弔問に訪れるので、マナーやしきたりを知っておかないと、不快な思いをさせてしまったり「マナー知らず」と、恥をかいてしまうかもしれません。ですので、マナーやしきたりは事前に覚えておいて損は無いでしょう。人口約12万の大東市では、一般葬を執り行うケースが多いようです。大東市民の方が葬式を執り行うという場合、大東市内の葬儀場・セレモニーホールを選ぶ他、大東市周辺にある門真市や東大阪市、大阪市の葬儀場・セレモニーホールを選択するケースもあります。場所は違っても、大東市のある大阪府では仏式の一般葬が主流です。ですので、仏式のお葬式に関するマナーやしきたりを知っておけば、もしもの時にも慌てずに済みます。お葬式に参列する際、香典やお布施を持参するのが基本です。大阪府では香典は不要と最初に言われるケースもあるようですが、分からない場合は持参する方が良いでしょう。香典やお布施は袱紗に包むのがマナーです。袱紗も事前に購入しておけば、急な不幸に対してもすぐに対応できます。ただし、袱紗の色によって包む金額に違いがあるので、金額と色の事を把握しておかなければ恥をかいてしまうかもしれません。金封袱紗は1万円から3万円、爪つき袱紗と台つき袱紗は3万円以上のお金を包む場合に使用します。袱紗には色々な色がありますが、弔事だけでなく慶事でも使える紫の袱紗を1枚持っておけば、色々なシーンで使えるのでおすすめです。

葬儀社のサービス内容

合掌

大東市の葬儀社では、一般的な葬式の他に、自然葬、海洋葬といった様々な葬式プランが用意されており、希望の葬式を執り行うことができます。これは、葬式に対する考え方が多様化していることと深く関係しています。近親者を始めたくさんの方に葬式に参列して欲しい方もいますが、家族だけの葬式にしたい方もいます。お金をかけたくないという方、従来型の葬式プランではなく故人の個性を出したいという方もいます。故人や遺族が希望する葬式を行うには、その葬儀に関わる全ての業者に手配を依頼する必要があります。業者への手配といっても、一般人にはどこに連絡すれば良いのかわからないのが現実です。そこで、大東市の葬儀社に希望の内容と予算を伝えれば、希望に沿ったプランを提案してくれます。その中から選んでいけば、希望の葬式を執り行うことができるのです。葬儀の進行や参列者への応対も業者が行ってくれますので、ゆっくりと故人を偲ぶことができます。大東市の葬儀社では、自然葬や海洋葬などのニーズも年々高まっています。自然葬や海洋葬を行う時は、移動手段と散骨場所を確保する必要があります。大東市の葬儀社では、マイクロバス送迎や船などを準備して、散骨場所まで遺族を案内しています。葬儀を行う時は、故人が住んでいた市区町村に様々な書類手続きを行う必要があります。これらの手続きも大東市の葬儀社が代行してします。ですから、書類手続きに関する不明点がある場合は、相談することをお勧めします。