Funeral ceremony service

葬式には断り方がある|知られざる大人のマナー

出席できない場合

断り方にも礼儀を尽くす

数珠

大東市内や大東市周辺には、多くの葬儀場やセレモニーホールが建てられています。大東市でお葬式を執り行うといえば、このような場所で行われるのが一般的です。お葬式のスタイルには色々な種類がありますが、大東市では一般葬が選ばれています。一般葬は日本人であれば誰でもが知っている、いわゆる「お葬式」と言えるスタイルです。お通夜・告別式・出棺という、流れで執り行われます。お葬式は結婚式のように日取りが決まっている訳ではないので、場合によっては弔問に行きたいけれど、用事で行く事が出来ないというケースもあるかもしれません。このような際、どのようにお葬式を断るのが、正しいマナーなのでしょうか。断らなければいけない理由は、人それぞれです。理由を詳しく話したくなりますが、遺族はお葬式の準備や故人が亡くなったショックで、長い話を聞いたり読んだりする事が難しいでしょう。事細かく理由を並べるのではなく、「諸事情があり」・「やむえない事情があって」などといった言葉を添えて断るのが良いとされています。電話やメール、手紙で断りを伝える場合、自分の名前をしっかリ伝えるのもマナーの1つです。電話の場合、遺族の方はお葬式の準備などで忙しい事が多いので、手短に伝えるようにしましょう。メールは固い文章を送信する際、ついつい絵文字を使ってしまいがちですが、お葬式の場にはふさわしくないので、絵文字を使う事もやめます。手紙は初七日までに届くようにするのが、マナーの1つです。冒頭に季節の挨拶を入れず、すぐに本題に入るようにしましょう。

ふさわしい靴とは

葬儀会場

お葬式に参列する際は、必ず守りたい服装のマナーがあります。大東市でも多くが葬儀場でお葬式は行われるので、マナーを守りましょう。お葬式のマナーは葬儀のスタイルによって、変わるケースがほとんどです。大東市で執り行われるお葬式の多くは、一般葬となっています。ですので、大東市で執り行われるお葬式に参列する場合は、一般葬に則ったマナーを守れば良いでしょう。一般的なお葬式の場合、喪服を着用するのが基本です。喪服は多くの方が事前に準備しているケースが多いでしょうか、靴となるとどうでしょう。「黒い靴だったら何でも良いのでは」と、感じる方がいるかもしれません。実は靴にもお葬式にふさわしいものがあります。事前にどのような靴がふさわしいのかチェックしておけば、急な不幸の際にもすぐに対応できるでしょう。まず、男性の場合は黒のストレートチップ・内羽式デザインの皮靴が基本です。ストレートチップ・内羽式デザインの皮靴であれば、冠婚葬祭両方履く事が出来ます。ただし、光沢感の無い靴を選びましょう。女性の場合、シンプルなパンプスを選べば、お葬式で浮くという心配はありません。男性同様、エナメルなどの素材ではなく、ツヤ感の無いパンプスを選びます。ヒールの高さは3センチから、5センチが理想的です。あまりヒールが高すぎてしまうと、派手な印象を与えてしまうので注意しましょう。大東市内でも喪服にふさわしい靴を購入できる、靴屋さんは多いので、もしもの時のために事前に購入しておく事をおすすめします。

早めに連絡しましょう

男性

大東市で行われている葬式の多くは、仏式次いで神式、キリスト教式の順で、最近は無宗教式の葬式も増加しています。大東市で葬式の形式を決める際には、故人が信仰していた宗教に則るのが基本です。故人があまり宗教とは関わりのない生活をしていたなら、無宗教式として故人の趣味や人柄を反映させた葬式にする方法もあります。故人が生前希望していた葬式の形式があれば、できるだけ故人の遺志を尊重することが大切です。大東市で仏式の葬式を行う場合、大東市に菩提寺があればそこの僧侶に依頼します。できるだけ早めに連絡し、後で遺族が寺を訪れ、改めて正式に申し込みます。菩提寺が遠方にある場合は、まずは電話で相談し、自宅近くにある同じ宗派の寺を紹介してもらうとよいでしょう。菩提寺がどこなのかわからない場合は、実家や親戚に聞いてみて、それでもはっきりしない時は、葬儀社に相談して紹介してもらいます。菩提寺を確認しないで近くの寺に依頼し、後になってから宗派が違うとわかった場合などは、以後の手続きがたいへんになるので注意しましょう。葬式を神式で行う場合は、家と関係のある神社に申し込むか、または葬儀社に相談します。神社で葬式は行いませんので、式場をどこにするかを早めに決めなくてはなりません。連絡がとれたら世話役代表などが改めて依頼に出向きます。キリスト教の葬式は、信者なら所属教会が決まっているので、まずはその教会と連絡をとり、神父や牧師と手順を相談しながら準備を進めます。